「節目れん根」 fushime renkon

「節目れん根」は、レンコンの間のくびれた細く固い節の部分です。

通常は硬くて食べられないので、利用される機会が少ないのですが、上手に
乾燥させることで、藕節(ぐうせつ)と呼ばれる乾燥生薬になります。

漢方では薬草など乾燥させた生薬を煎じて、病状に合わせて服用します。
煎じることで生薬のエキス成分を飲みやすいお湯に抽出することができますし、
弱火で長時間煮出すことにより、硬い節からゆっくり有効成分が取り出せます。

上の写真は、土の中を突き進みながら成長していく様子を撮影する為に慎重にレンコンを土から取り出したものです。1本の太い本筋の親レンコンから3本の子レンコンが枝状に分家して成長しているのがわかります。

黒い根があるところが節目の部分ですが、注目すべき点は たくさんある節目のなかでも、子が親につながっている部分は3ヶ所しかない点です。

その節こそが子に養分を送る根を持った節で、さらに興味深いのは、レンコンの地上部分は大きな葉を広げ、光合成と空気を地下茎に送っています。

地上にその茎を出せる節は、「節目れん根」など子レンコンに養分を送れるほどの強力な力を持った節に限られます。

「節目れん根」は、スーパー等小売で買うレンコンの端の節と外観が違います。 節の切断面にレンコンの穴が3系統あり、さらに地上部への茎の跡があるものが「節目れん根」です。

下の写真がスーパーで買うレンコンの節です。

対症療法でなく 「節目れん根」

レンコンの節はもともと栄養価が高いので、昔から和漢に詳しい人のあいだで
体の調子を整えるために使われてきた医食同源食材でもありました。

「節目れん根」(商標登録申請中)は、レンコン5~6 個から乾燥重量で数十グラムしか採取することができず少量生産となりますが、私共「蓮屋17代」はこの部分だけを選別し加工・乾燥をしております。

当地の節目れん根が、健康で快適な生活を送るために                  皆様のお役に立つことを心よりお祈りいたします。